ふんばれ日本!(11)

「J-one」姉妹誌「ナマステ・ボリウッド」コラム(2011.5.26)より転載。

中国製ガイガーミュラー。3個並べて同時計測するも、個体差により数値はバラバラ。左より0.10、0.20、0.15μSv/h。

5月下旬に宮城・福島をまわった印象から、東日本大震災の傷跡、そしてメルトダウンしていた福島第一原発の影響をレポートします。
ナマステ・ボリウッド主宰 すぎたカズト

今週は、再びNGOの手伝いで福島第一原発より30km圏内に区分されている福島県南相馬市原町へ行って来た。
事前に用意したのは、一般的にガイガーカウンターと言われるガイガーミュラー(GM計)。ただし、中国製。写真にあるように、3個並べても計測数値がバラバラ(こんな物で1個6万円に便乗値上げ!)。

30km圏内と言っても、旧原町市の沿岸部は比較的に放射線が少ない。日中、だいたい0.20マイクロシーベルト毎時(μSv/h)程度。仙台市青葉区で0.10〜0.15μSv/hだから、若干高めというところ。
この数値は、20km圏内との境で実施されている国道6号の検問直前で健氣に営業しているセブンイレブン原町大甕店の駐車場でもほぼ同じであった。

南相馬市原町区の海辺を望む地点での計測値は0.20毎時マイクロシーベルト。

それだけに、この原町の児童は30km圏内というだけで授業が行えず30km圏外にある相馬市の小学校までバスで通わされていることが、相馬市内と原町の測定値は大差ないのでまったくばかばかしい限りだ、との声に頷ける。

もっとも、小学校のグラウンドなど非舗装の上では0.50〜0.66μSv/hを示しており、砂地などは放射性物質を溜め込み易い(あるいは、舗装は溜め込み難い)上、汚染された砂埃を吸いやすいので注意するに超したことはない。

原町から仙台に移り、試しにその日一日屋外で過ごした衣服をビニール袋に入れてGM計で計測してみたが、仙台での室内(0.12μSv/h)と同じで変化はなかった。

空は青く抜けて晴れ渡り実に清々しく、山河や田園の瑞々しい風景が広がっていただけにやるせない。

*追記 2011,06,09
中国製ガイガー・カウンターは輸入が追いついて来たせいか、4万円台くらいに下がって来ている(震災以前は2万円台)。ロシア製などしっかりしたものは依然高値で、入荷も7月下旬以降という状況。
東京都内も50カ所に測定地を増やす方針のようだが、Uストリームでリアルタイム計測を流しているところがあちこちあるので、一般的な参考にはなるだろう。

*追記 2011,11,20
原発事故がまだまだまったく収束していない状況ながら、商品だぶつき氣味のためか、はたまた日本人が飽きっぽいのか、編集部愛用のウクライナ製RADEX RD1503もますます値段が下がったアマゾンで18,000円を切る状況。購入の際には、出品者の評価と業者情報がしっかり開示されているか、返品の方法等、よくチェックして欲しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年4冊+送料で2720円(7号より600円×4冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング取り扱いページ(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場取り扱いページ(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。