5号記事紹介:福島を生きる。(中村広太郎さん/金沢市)

J04-26-07阪神、福島。明日何があっても生きられる社会を。
中村広太郎(神戸市〜金沢市)

神戸から金沢へ移って来たのは、18年前の阪神淡路大震災から3か月後でした。父が震災以前から単身赴任していた事と金沢市が被災者の住宅支援をしていたからです。けれど、当時は移って来た被災者同士の横のつながりはありませんでした。

中学2年の新学期から金沢の学校に転校して、卒業までに学校へ行ったのはひと月です。関西だと転校生ってしばらくヒーローなんですよ、みんなが注目して。でも、金沢は違いました。多分、先生が「阪神の被災者だからそっとしておくように」と言ったんでしょうね。皆、腫れ物に触るようで、世話する係みたいな子が数人、時たま話かけて来るといった感じで。それで学校に行けなくなりました。

経済格差や社会に対して問題意識を持ち始めたのは、家の環境や震災の影響が大きかったと思います。
25歳で飲食の仕事を始めた頃にベーシック・インカム(基礎所得保障制度)**の考えに出会いました。社会って変わらないのかと思い、マルクスがいたみたいに社会を変える新しい考えを誰かが始めているんじゃないかと思ってインターネットで調べまくっているうちに、国が最低限の生活費を国民に配当するベーシックインカムに辿り着いたんです。富山で勉強会があると知って参加したり、ベーシックインカムについての本をいつも持ち歩いて会う人会う人にいろいろ話かけたりしました。けれど、「働かない人って努力が足りないんじゃないの?」という反応が多いんです。肉体的な障がいや精神的なものや家族の状況等から働きたくても働けない人はいるし、今は資産や仕事があって自立している人も大きな災害や不況等によって明日にでも仕事がなくなるかもしれない。何かの時の支えになるし、努力出来る人はその上で努力して行っていいんですよ。
(続きは「J-one」5号をご覧ください)

お知らせ 2013年7月20日(土)、中村広太郎さんの企画する勉強会「根底からこの社会の仕組みを変える新しい構想vol.2」が金沢市内にて開かれます。社会について、ちょっと考え始めたい方、ぜひご参加ください。
「J-one」も販売されます。

中村広太郎(なかむら ・こうたろう)
長野県出身。中学1年の時、阪神淡路大震災で被災し金沢へ。現在、一個人としてベーシック・インカムを啓蒙。社会的弱者も生きやすい社会について考えるようになったのは、小学校の時に難病指定された病氣で足が不自由になって手術で治るまで特殊養護学校(現在の特別支援学校)の小学校と中学校に一時通っていて、障がいのある子達を身近に見て来た事が大きい。

阪神淡路大震災:1995年(平成7年)1月17日午前5時46分、淡路島沖の明石海峡を震源にM7.3の直下型大地震が発生し、神戸市で震度7を観測。阪神高速道神戸線の高架が崩落した。
取材メモ:この原稿を書いた翌朝の4月13日午前5時33分、淡路島付近を震源に震度6弱の地震が発生。大きな被害はなかったのが幸い。災害を前提とした社会意識の変革が求められる。

**ベーシック・インカム(基礎所得保障制度):国が社会的公正の下に最低限度の生活費を国民ひとりひとりに無条件に一律給付する事により、現行の社会システムを見直し富の再分配を行う制度。単発的な給付でなく永続的に支給されるのが特徴。未だ完全実施した国がない「全く新しい社会概念」でもある一方、新自由主義の社会福祉を切り捨てた「小さな政府」に陥る危険性もあり、実現させるには多くの議論を重ねた上で社会を民意に取り戻す必要がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

取扱いショップはこちら
定期購読(4回)も募集しています。

次号発行の為に 「J-one」サポートのお願い。
本誌定価500円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。メール注文+ゆうちょ銀行振込でお買い求めください(4月よりメール便送料80円)。
また、本誌販売にご協力頂ける方(卸値10部4000円。募金活動の場合は10部3000円、1冊につき200円が募金額に)、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円。見本誌10部渡し)や販売協力店も募集しています。
詳しくは、「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。ご協力をお願い致します。

J5-149

「J-one:ジーワン5号」(500円)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円)詳細を見る。