2号記事紹介:福島と生きる(横山恵久子さん/相馬市在住)

横山 恵久子/1975年生まれ、相馬市出身。航空自衛隊衛生班に4年間所属。在学中、カンボジア(地雷撤去運動)、ベトナム(枯葉剤被害支援団体の手伝い)、ベラルーシ等をまわる。

人間は自然には敵わない。
横山 恵久子さん(相馬市在住)

カンボジアの子供達を支援したくて、いろいろ計画を立てていたんです。あれを持って行ってあげよう、これを持って行こうと。そうしたら、あの地震が起きたのです。地鳴りが鳴り続けたまま、物凄い揺れになって、これは尋常じゃないとすぐに思いました。ちょうど家に居て、壁際は物が落ちたりガラスが割れたりするから「部屋の真ん中に集まって! 家から出ちゃダメ!」とおじいちゃんに叫んで指示を出しました。わたし、自衛隊にいたので。幸い、山側にあった実家は無事でしたが、親戚が海のそばに住んでいて心配になってすぐに車で向かったのだけど、路地は瓦が落ちているし人が居て、いつもなら20分…程度で行けるのに30分かかってしまいました。海沿いに行く道は、おまわりさんがもう封鎖していて、もっと細い小道の方にまわっても封鎖されてました。そこで見たんです。遠く海の方に白い飛沫と茶色い土煙が。津波と、押し潰された家屋の粉塵なんでしょう。目の前でタクシー会社のタクシーが何台も流されて行きました。
わたしは航空自衛隊の衛生兵だったので、日本赤十字とよく共同で動く事があったので、すぐに電話して「もの凄い被害が出る。詳細はまだ把握してませんが、毛布が3千~4千枚、現金や食糧がたくさん要ります」と確保しました。それから警察や消防の人に「遺体捜索に加わらせて欲しい。もしダメなら、自衛隊の予備兵に志願します」と頼んで参加しました。日が暮れて暗くなって捜索が終わって帰り道に、どこからか「おーい、おーい」って声が聞こえるんです。警察の人から「水の中に入ってはいけない」と言われていたから、探しに行けない。あの時、サーチライトを持っていたら、探せたんじゃないかと今でも思ったりします。

以下、本誌2号をご覧下さい。

取材メモ(数値は、2011年11〜12月現在):相馬市の海沿いも空間線量は0.23μSv/hと千葉県のJR柏駅付近(0.30μSv/h)より低い。しかし、飯舘村はやはり飛び抜けて高く「もりの駅 まごころ」で3.38μSv/h、24時間で81.12μSv、年間で29.6ミリSv。福島市内のある某仮設住宅では道路を挟んで第一が0.6μと第二1.0μ超と線量格差が。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年4冊+送料で2720円(7号より600円×4冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング取り扱いページ(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場取り扱いページ(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。