「原発、ほんまかいな?」

「原発、ほんまかいな?」

本日(16日)、和光大学「異文化交流室(アジアの茶店企画)」主催で脱原発プロパガンダ作品「原発 ほんまかいな?鈴木敏明監督)を鑑賞。
http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/genpatsu.html
京都の某八百屋で下町のおばちゃん二人が関西弁で電事連パンフを滅多斬りしてゆく痛快作品。このベタな展開に今をときめく小出裕章氏・大島賢一氏・田中優氏等の反原発オールスターズのコメントがインサートしてゆく。まったくの低予算を逆手にとったチープな映像に載せた「でんこ」ならぬイメージキャラ「エレ子」のフラッシュムービーも登場。内容的には初心者啓蒙だが、(昔の)NHK教育番組風の戦略は、ある種わかりやすさのセンターを狙ったキャッチーな手法といえる。

上映後は鈴木監督による講演で、日本が「輸出決定」となったヴェトナムでの状況についてトーク。なんでも原発輸出は「国際貢献」なのだという。

奇しくも16日午後、野田首相はメルトダウンして核燃料が地下に落ちていると思われるにも関わらず「冷温停止状態を確認」と事故収束を宣言。これはどう考えても国内で推進できなくなった原発を海外輸出へ切り替えるための状況作りに他ならない。
自国の国土を半永久に汚染させた原発事故も収束していない中、核廃棄処理の問題を棚上げしたまま、原発輸出を「国際貢献」と称して核処理能力を持たない国へ(そもそも自前の技術を持っていたらヴェトナムは輸入する必要がない)自国繁栄のために売りつけるとは。
日本人として実に恥ずかしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年4冊+送料で2720円(7号より600円×4冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング取り扱いページ(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場取り扱いページ(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。