3/23 「今、伝えたいこと(仮)」DVD上映会@東京・文京区民センター

J03-32-01

【3.11号表紙について】印刷された現物とは異なります。違法コピーが氾濫し、不適切なサイトにも画像がアップされていることが看過できなくなったため、ネット掲載用に差し替えてあります。ご了承の上、引き続き禁転載にご協力ください。
→3.11号詳細を見る。

さる3月16日/17日、東京・笹塚ファクトリーでの上演にて両日200名以上の動員を記録した相馬高校放送局制作の演劇作品「今 伝えたいこと(仮)」。1年前に行われた同劇場での初演から大きく飛躍した彼女たちの成果が詰まった新バージョンでの上演は、福島第一原発事故の影響が未だ収束していない事を表す事と共に、タイトルにある「(仮)」が彼女たちの成長と可能性を意味する事を見せ付けてくれた。その彼女たちも4月からは高校3年生となって受験モードに入るため、部活動から引退。「今 伝えたいこと(仮)」を創り上げたオリジナル・メンバーでの上演はこれが最後となった。
今後は、彼女たちの上演模様を収録した映像と同放送局が東日本大震災以降に制作した作品の上映会+トークとして活動を続け、彼女たちの思いを伝え続ける事となる。

そして、さっそく最終公演を見逃した方々の受け皿として今週末23日(土)にDVDによる上映会が催されます。
上映後には、放送局顧問によるトークや今後の上映会の活動資金となる「J-one」(定価500円の内200円)や若松丈太郎さん、赤坂憲雄さんの書籍販売もあります。
彼女たちの石川・京都・宮城公演を追った「J-one」4号、「今 伝えたいこと(仮)」仙台上演バージョンのシナリオとアフター・トークを収録した「J-one」3.11号をぜひお買い求めください。

上映会~福島の高校生による劇「今、伝えたいこと(仮)」 (DVD上映)
■日時:2013年3月23日(土)18時30分~21時(開場18時)
■上映作品:
◇演劇DVD「今 伝えたいこと(仮)」
◇ラジオドキュメント「緊急時避難準備不要区域より」2011年6月制作
◇テレビドキュメント「Girl’s Life in Soma」2012年6月制作
・・・ほか3.11以降、制作された作品
■ゲスト:渡部 義弘 教諭(福島県立相馬高校放送局顧問)
■参加費:500円(学生・20歳未満無料)
■定員:100名【事前申込制・定員になり次第または3月22日締切】
■申込先:メール peach.crc@gmail.com または FAX 03-3654-2886
※お名前・連絡先(メール・電話番号)を必ず明記して下さい。
■問合先:090-3213-4575(大河内)
■会場:文京区民センター:東京都文京区本郷 4-15-14
http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm
地下鉄 春日(大江戸線、三田線)駅すぐ、後楽園(丸の内線、南北線)徒歩5分、JR(水道橋)徒歩10分。
■主催:子どものための平和と環境アドボカシー(PEACH)/見樹院

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次号発行の為に 「J-one」サポートのお願い。
本誌定価500円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。メール注文+ゆうちょ銀行振込でお買い求めください(4月よりメール便送料80円)。
また、本誌販売にご協力頂ける方(卸値10部4000円。募金活動の場合は10部3000円、1冊につき200円が募金額に)、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円。見本誌10部渡し)や販売協力店も募集しています。
詳しくは、「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。ご協力をお願い致します。

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

取扱いショップはこちら  定期購読・販売協力店も募集中です。

J5-149

「J-one:ジーワン5号」(500円)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円)詳細を見る。