3/7+8 相馬高校放送局震災後制作ほぼ全作品上映会@東京・笹塚

J7-140211

演劇作品『今 伝えたいこと(仮)』
ある放課後、教室に残っていた麻希、望美、桜。ふとした事から互いに語る事のなかった震災が話題に。そして、望美の自殺により、心の奥に封印されていた原発事故への不安が麻希の口から堰を切って溢れ出すー。2012年3月の初演が衝撃を与え、福島中央テレビ制作のドキュメンタリー「『今、伝えたいこと(仮)』福島・女子高生の叫び」が全国放映された。

中学校卒業式の当日、東日本大震災を経験し、高校に進学しても福島第一原発事故の影響に強い不安を抱いていた現役女子高生の心情をストレートに綴った演劇作品「今 伝えたいこと(仮)」の上演・上映やドキュメンタリー作品の制作・上映活動を通して、高校生で初めてのJCJ(日本ジャーナリスト会議)特別賞を受賞した相馬高校放送局。

震災から4年が経つ2015年3月に、彼女たちの原点となった東京・笹塚ファクトリーにて、震災後の2011年〜2014年に制作したほぼ全作品を2日間にかけて特集上映します。
7日は、赤坂憲雄さん(学習院大学教授) を司会に、8日は杉本信昭さん(「映画『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』監督) をトークゲストに迎え、制作にかかわった生徒や卒業生、同放送局顧問・渡部義弘教諭が登壇し、作品背景についてのトークを行います。

なお、今回は両日共に定員70名・先着順にてのチケット予約となります。お早めにご予約ください。
また、当日は会場受付にて「J-one」が販売する予定です。1冊につき100円が放送局メンバーの上映会活動交通費に役立てられます。

会場:笹塚ファクトリー(東京都渋谷区笹塚1-56-7 京王笹塚ビルB2)
入場料:一般1000円、大学生500円、高校生以下無料

1日目:2015年3月7日(土)15時〜18時(1日目予約先:こくちーず
司会:赤坂憲雄さん(学習院大学教授)

2011年制作
「緊急時避難準備不要区域より」(2015年再編集)7分
「our(un)ordinary」 2011年6月制作(テレビドキュメント)8分
「みなみ風吹く日」(若松丈太郎作 生徒朗読)2011年8月録音 4分
2012年制作
「Is this?」 2012年6月制作(ラジオドキュメント)7分
「Girl’s Life in Soma」 2012年6月制作(テレビドキュメント)8分
「(non)fiction」 2012年6月制作 (ラジオドラマ)8分
2013年制作
「今伝えたいこと(仮)」 2013年3月17日ファイナルバージョン(仮) 演劇の映像記録32分
※ 以上の震災後の活動が評価されて2013年7月JCJ特別賞を高校生として初受賞

「今伝えたいこと」 2013年6月制作(ラジオドキュメント)7分 全国大会入選
「ボロボロな…」 2013年6月制作(ラジオドラマ)8分
「相馬高校から未来へ」 2013年6月制作(テレビドキュメント)8分 NHK杯全国大会優勝

2日目:2015年3月8日(日)12時30分〜15時(2日目予約先:こくちーず
トークゲスト:杉本信昭さん(「映画『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』監督)

2014年制作
「あの日と今の私たち」 2014年3月制作(映像ドキュメント)11分 東北発未来塾にて制作
「これから。」 2014年3月制作(短編ドラマ)17分 東北発未来塾にて制作
「見えぬ壁」 2014年3月制作(映像ドキュメント)25分 東北発未来塾にて制作
「野馬追、その心」 2014年8月制作 10分
「Blind」 2014年5月制作(ラジオドキュメント)7分
「キレイになりたくて」 2014年5月制作(ラジオドラマ)8分
「ちゃんと伝える」 2014年5月制作(映像ドキュメント)8分
※大塚ショートフィルムフェスティバル(中高生部門)入選・高校生映像フェスタ大林宣彦特別賞

*15.03.30 報告:3月7+8日の笹塚上映会にて「J-one」販売分61冊×200円=12200円を放送局メンバーの交通費補助として役立ててもらいました。

相馬高校放送局関連バックナンバー
3.11号 「今 伝えたいこと(仮)」仙台公演版シナリオ+アフタートーク
4号「今 伝えたいこと(仮)」石川公演レポート+「Girls Life in Soma」紹介
6号 「相馬高校から未来へ」JCJ賞・NHK杯W受賞報告
7号 活動報告〜同世代に思いを届ける上映を
8号 座談会「卒業ーー相馬高校放送局から未来へ」
9号 相馬高校放送局inパリ報告

Print

*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年3冊+送料で2000円(600円×3冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。