タグ別アーカイブ: イベント

8/23 相馬高校放送局上映会@神楽坂+「J-one」3.12号発行!

J03-32-01

「J-one」3.12号(定価500円)8月23日発売予定

本年度より「相馬クロニクル」として上映活動を再開している相馬高校放送局の上映会&トークが、8月23日(日)午後、渡辺一枝さん主催「福島の声を聞こう!」(新宿区・神楽坂)にて催されます。
今回は、演劇作品『今 伝えたいこと(仮)』シナリオ(仙台上演バージョン)掲載の相馬高校放送局特集号「J-one」3.11号が在庫切れになったため、急遽、バージョン・アップ版3.12号を販売予定。上映会で朗読音声が流れる事の多い、震災以前から原発事故の警鐘を鳴らし続けて来た南相馬の詩人、若松丈太郎さんの詩「みなみ風吹く日」も収録しています。どうぞ、ご期待ください!
当日販売される「J-one」1冊につき200円が放送局メンバーが遠方上映会に参加する際の交通費補助として役立てられます。

演劇作品『今 伝えたいこと(仮)』
ある放課後、教室に残っていた麻希、望美、桜。ふとした事から互いに語る事のなかった震災が話題に。そして、望美の自殺により、心の奥に封印されていた原発事故への不安が麻希の口から堰を切って溢れ出すー。2012年3月の初演が衝撃を与え、福島中央テレビ制作のドキュメンタリー「『今、伝えたいこと(仮)』福島・女子高生の叫び」が全国放映された。

渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」vol.16
日時:2015年8月23日(日)開場12時30分/開演13時〜
会場:セッションハウス・ガーデン(東京都新宿区矢来町158/2階)神楽坂駅神楽坂口より徒歩2分
主催・問い合わせ先:セッションハウス企画室
トーク:渡部義弘教諭(元相馬高校放送局顧問)
参加費:1500円(被災地への寄附金になります)
*下記HP掲載の連絡先よりお申し込みください。
http://www.session-house.net

*2015.08.23 追記
ご来場くださいました方々、ありがとうございました。46冊×200円=9200円を放送局メンバー参加時の交通費に役立て頂きます。

相馬高校放送局関連バックナンバー
3.11号 「今 伝えたいこと(仮)」仙台公演版シナリオ+アフタートーク
4号「今 伝えたいこと(仮)」石川公演レポート+「Girls Life in Soma」紹介
6号 「相馬高校から未来へ」JCJ賞・NHK杯W受賞報告
7号 活動報告〜同世代に思いを届ける上映を
8号 座談会「卒業ーー相馬高校放送局から未来へ」
9号 相馬高校放送局inパリ報告
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
J-one ムービー・プロジェクト

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

*「J-one」バックナンバー好評発売中!
「J-one」直販オンラインショップ
KART

 

J10-150620

ネパール支援ムック「NEPAL」定価1000円(内500円がネパールの教育支援になります)

「J-one:ジーワン11号」(600円・40頁)

「J-one:ジーワン3.12号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン10号」(600円・40頁)

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)

7/31 相馬クロニクル上映会@水俣

J10-150723

フライヤーPDFを見る

演劇作品「今 伝えたいこと(仮)」の上演・上映活動や数々のドキュメント作品制作により高校生として初めてJCJ(日本ジャーナリスト会議)特別賞を受賞した相馬高校放送局。
顧問を務めた渡部義弘教諭が他校へ転任となった事から、<相馬クロニクル>として福島県内での小規模な上映会にシフトしていた活動が、再び県外の上映会を再開します。

夏休み前半は、7月31日(金)水俣、8月4日(火)祝島、8月7日(金)早稲田、8月8日(土)水戸で上映会が予定されています。詳細は追って情報アップしてゆきます。渡部教諭が作品解説として登壇します。お近くの方は、ぜひご覧下さい。

また、水俣、水戸での上映会では「J-one」バックナンバーも販売される予定です。1冊につき200円が相馬クロニクルでの上映活動に参加する生徒の交通費に役立てられます。

震災後の福島の高校生の声を聞く 2011-2015
日時:2015年7月31日(金)18:30~21:00(18時開場)
会場:水俣市公民館第1研修室(水俣市浜町2丁目10-26)
参加費:500円(高校生以下無料)
主催・問合せ:水俣病センター相思社

上映作品(予定)
緊急時避難準備不要区域より/2011年6月制作(ラジオドキュメント)7分・県大会優良
今伝えたいこと(仮)/2012年3月初演、2013年上演(演劇作品)35分
相馬高校から未来へ/2013年6月制作(テレビドキュメント)8分・全国大会優勝
ちゃんと伝える/2014年5月制作(映像ドキュメント)8分
記憶を繋ぐ/2015年5月制作(映像ドキュメント)8分
いつかきっと/2015年5月制作(映像ドキュメント)8分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
J-one ムービー・プロジェクト

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

*「J-one」バックナンバー好評発売中!
「J-one」直販オンラインショップ
KART

 

J10-150620

ネパール支援ムック「NEPAL」定価1000円(内500円がネパールの教育支援になります)

「J-one:ジーワン11号」(600円・40頁)

「J-one:ジーワン3.12号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン10号」(600円・40頁)

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)

7/3〜13 ネパール・チャリティ写真展@福島・椏久里珈琲

Print

チラシを拡大して見る

かつて住んだ福島・岩手で2011年3月に東日本大震災が発生。
4年後の2015年4月25日・日本時間午後3時11分、
91年〜99年に足繁く通ったもうひとつの思い出の地、
ネパールで大地震が発生。
心の中に今も輝く、あの風景をもっと多くの人に見て
もらいたい。

ネパール・チャリティ
すぎた和人写真展

終わりなき心の故郷に
想いを届ける。

 

日時:2015年7月3日(金)〜7月13日(月)
会場:椏久里珈琲 福島店
(福島県福島市野田町6丁目12-194-8
Tel 024-563-7871)
営業時間 9:30 〜 19:00
7月6日(月)・7日(火)はお休みになります。
椏久里facebookページ

「知ること、そして忘れない」をテーマに発行したネパール支援ムック「NEPAL」掲載の写真を中心にチャリティ写真展を、福島原発事故の影響で飯舘村から福島市内へ移転し営業再開している椏久里珈琲さんのご協力により開催する事となりました。
ムック「NEPAL」の他、ネパール産手漉き紙ロクタペーパーや素焼きのクラフト品を販売致します。福島近郊の方、ぜひお立ち寄りください。会期中、皆さまとネパール話ができれば幸いです。
(「NEPAL」発行人 すぎた和人

J10-150703a

J10-150703b

女性にはネパール手漉き紙ロクタのハンディ・クラフト(レターセットや手帳)などが好評です。バザーの売上げは巡回写真展用のパネル制作費に充てさせて頂きます。


*ご報告 15.07.18期間中、ご来場くださった方々、ありがとうございました。今回、個人カンパとして昨年の夏より貯めた500円貯金箱4万7610円と1万円をおふたりからカンパして頂きました。重ねて御礼申し上げます。
・支援ムック「NEPAL」45冊(内50%の2万2500円を寄付に)
・カンパ(5万7610円。内1万円をブランカモンティーノのネパール手工業支援に)
・雑貨+額入り写真物販(4万2600円を巡回用パネル制作費に)
また、期間中、南相馬のアグリ・ウォッチャー・クラブさんが25冊、伊達市のエコクラブだてさんが5冊、計30冊(内50%の1万5000円を寄付に)を別途お買い上げ頂きました。
合計8万5110円をダフェプロジェクト経由でネパール支援に役立てて頂きます。

今後とも、「知ること、そして忘れない」をテーマにネパール・チャリティ写真展を企画してゆきたいと思います。喫茶店やイベント向けのレンタル・パネル・セットも準備中です。ご協力頂ける方々は、メール・フォームよりお問い合わせください。どうぞ、よろしくお願い致します。

J10-150620

プロフィール:すぎた和人/1964年生まれ、東京都出身。80年代末にライターとなり、91年〜99年にかけてネパールを6回訪れ、映像ユニット「ヒマラヤン・ブレイク」としても活動。96年に福島県会津本郷町に移住、その後、岩手県・長野県・神奈川県に移り住み、東北へ戻りたいと思っていた矢先、東日本大震災が発生。3.11後の生き方を探り、福島の声を届ける震災支援雑誌『J-one(ジーワン)生命あるもの』を創刊。共著:ネパール/北米旅行記『ちょっとキケンなひとり旅』(イカロス出版)、解説本『インド神話図鑑・上下』(光栄)、『三国志読本』(角川春樹事務所)他。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
J-one ムービー・プロジェクト

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

*「J-one」バックナンバー好評発売中!
「J-one」直販オンラインショップ
KART

 

J10-150620

ネパール支援ムック「NEPAL」定価1000円(内500円がネパールの教育支援になります)

「J-one:ジーワン11号」(600円・40頁)

「J-one:ジーワン3.12号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン10号」(600円・40頁)

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)

6/14〜23「~かもめの視線で綴る塩屋埼灯台~酒井英治写真展」@いわき

「J-one」7号インタビューを見る。

いわきの海に魅せられて、震災後もモーター・パラグライダーで飛び、広がる絶景を撮り続けている空撮家・酒井英治さん(「J-one」7号登場)の写真展がいわき市にて開催されます。
今回は、いわきのシンボルである塩屋埼灯台をテーマにした写真展となります。6/14(日)、21(日)には、酒井氏も在廊されるそうです。ぜひ、ご来場ください。

「~かもめの視線で綴る塩屋埼灯台~酒井英治 写真展」
日時:2015年6月14日(日)~ 6月23日(火)10:30~18:00 ※水曜日定休
会場:ギャラリー界隈(いわき市平字堂根町1番地の1)

酒井英治(さかい・えいじ)/1964年生まれ、いわき市出身。スカイフォトサービス代表。バイク・ロードレースを経て、モーター・パラグライダーに出会い、いわきの海山を撮り続ける空撮家となる。VWザ・ビートル・ターボのCF空撮パートも担当。新作DVD『かもめの視線3~あの日から2年半の軌跡~』が2013年11月にリリース。写真集に『かもめの視線で見た津波被害の記録 福島県いわき市沿岸の空撮写真集』がある。
http://sky410.com

ーー酒井氏がパラグライダーでの空撮に魅せられた経緯や東日本大震災、福島第一原発事故直後のフライトについてなど、深く語って頂いたインタビューが「J-one」7号に掲載されています。ぜひ、お手にとってご覧下さい。
いわきでは、Nomadic Records(福島県いわき市)にて7号及びバックナンバーを取り扱い中です!(売上の一部が富岡町の支援活動に役立てられます)

Print
「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

*「J-one」バックナンバー好評発売中!
「J-one」直販オンラインショップ
KART

 

「J-one:ジーワン10号」(600円・40頁)詳細を見る。

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

6/21 朗読劇「相馬移民奇譚」/23,30 ネパール大地震チャリティ・イベント@金沢

徳法寺のチラシ.indd

チラシを見る

「J-one」10号でも掲載している、天保飢饉の際、北陸から相馬へ移民した歴史を題材にした朗読劇「小僧と首ー相馬移民奇譚ー」が6月21日(日)、金沢で催されます。当日は、「J-one」バックナンバーも販売され、1冊につき真宗大谷派金沢災害支援ネットワークの福島支援に役立てられます。

朗読劇「小僧と首ー相馬移民奇譚ー」
日時:2015年6月21日(日)開場:午後1時30分・開演:午後2時。
場所:金沢東別院(石川県金沢市安江町15-52)*無料駐車場あり。
参加費:無料。
問い合わせ:真宗大谷派金沢教務所(Tel:076-265-5191)
主催:真宗大谷派金沢教区心の相談室

また、4月25日に大地震が発生したネパール出身・金沢市在住の千葉セーヌさん(インド・ネパール料理「アシルワード」)から現地の被災・支援状況を聞くチャリティ・イベントが2回に分けて開催されます。セーヌさんの妹さんが医師ということで、日本のメディアが報じない情報が聞けます。
金沢周辺の方、ぜひご参加ください。
当日は「J-one」特別編集のネパール支援ムック「NEPAL」(50%寄付金になります)も販売される予定です。

ネパール大地震チャリティ・イベント
日時:1回目)2015年6月23日(火)/2回目)6月30日(火) 両日共、午後6時〜。
場所:インド・ネパール料理レストラン「アシルワード」(石川県金沢市香林坊2-12-15 魚半ビル1階)
参加費:3000円(料理+ソフトドリンク1杯。アルコールは別料金)/予約・先着制
*参加費の一部が支援金になります。
予約・問い合わせ:徳法寺(Tel:076-241-5759 メール:tokuhou-jiあっとspacelan.ne.jp)
主催:真宗大谷派金沢災害支援ネットワーク、真宗大谷派金沢教区心の相談室
共催:宇宙志援隊、NPOかなざわ志援隊、ふくしま311・石川結の会、石川ネパール協会、公益社団法人日本山岳会石川支部
Print
「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

*「J-one」バックナンバー好評発売中!

KART

 

「J-one:ジーワン10号」(600円・40頁)詳細を見る。

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

3/12 希望の牧場・吉沢正巳さん 講演会@長野・飯綱町

3.11から4年ーー東北以外の各地でも東日本大震災と福島第一原発事故についての祈念行事が開催されますが、長野県の飯綱町でも宮城県南三陸町と福島県浪江町からトークゲストを招いた講演会とコンサートが行われます。
南三陸病院総合ケアセンターの状況や、旧警戒区域に取り残された牛300頭を飼い続ける「希望の牧場」吉沢正巳さんのお話を聞きたい方、ぜひご来場ください。
尚、当日は「J-one」10号も有志販売される予定で、1冊につき200円が活動費に役立てられます。

東日本大震災の被災の実態を知り、私たちのこれからを考える参考に。
そして被災地の人々へ、飯綱町民の思いを届ける。

・日時/2015年3月12日(木)/開場18:15/開演18:45~21:00
・会場/飯綱町 町民会館ホール(長野県上水内郡飯綱町大字牟礼1989)
・主催/心をつなぐ会〔代表:関正和〕(3.11おべてず/長谷寺/阿弥陀寺/いいづなミツバチの会/わくわくどきどきネットワーク他)
・参加費/一人1,000円(18歳以下無料)〔ただし経費以外は全て被災地への義援金とする〕
・後援/飯綱町/飯綱町教育委員会/飯綱町商工会/飯綱町観光協会/飯綱町社会福祉協議会

・内容
第一部 講演会(現地からの報告)
1⃣「町立南三陸病院総合ケアセンターの進捗状況と今想うこと」
宮城県南三陸町復興応援大使:外立とし江さん
2⃣「被曝した牛300頭を飼い続ける意味」
福島県浪江町゙「希望の牧場」吉沢正巳さん
第二部 ほのぼのコンサート/久遠峯志さんバンド

Print

*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
*4月1日受付よりクロネコメール便廃止のため、2400円となります。

年3冊+送料で2000円(600円×3冊。メール便80円×3回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。(2015年3月1日現在)

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

「J-one:ジーワン10号」(600円・40頁)詳細を見る。

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

3/28 「谷川さん、福島の話を少し聞いてください」@東京・小石川

J9-150222

『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』 2014/長編ドキュメンタリー/82分/監督:杉本信昭/プロデューサー:小松原時夫・住田望/音楽:谷川賢作/製作配給:株式会社モンタージュ

詩人・谷川俊太郎さんが東日本大震災について書いた詩『言葉』から、谷川さんの詩がどのように生まれるのか、を追ったドキュメンタリー映画『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』(2014/杉本信昭監督)に、相馬高校放送局の現役高校生2名と顧問の渡部義弘教諭が出演しています。
今回3月28日、谷川俊太郎さんと杉本監督を招いて『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』と相馬高校放送局のコラボ上映会+アフタートークが行われます。4月以降の新年度、相馬高校放送局の上映会は今のところ未定となっていますので、この機会にぜひご覧ください。
3月7日/8日、笹塚ファクトリーでの相馬高校放送局のほぼ全作品上映会もぜひどうぞ。

また、当日は会場受付にて「J-one」が販売する予定です。1冊につき100円が放送局メンバーの上映会活動交通費に役立てられます。

「谷川さん、福島の話を少し聞いてください」上映会
*日時:2015年3月28日(土)14時開演〜17時終了予定
*会場:見樹院(東京都文京区小石川3丁目4番14号)地図
*上映作品:
『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』(2014/杉本信昭監督)
相馬高校放送局制作作品
「Blind」 2014年5月制作(ラジオドキュメント)7分
「キレイになりたくて」 2014年5月制作(ラジオドラマ)8分
「ちゃんと伝える」 2014年5月制作(映像ドキュメント)8分
※大塚ショートフィルムフェスティバル(中高生部門)入選
高校生映像フェスタ大林宣彦特別賞
*参加費:一般1000円/大学生・院生500円/高校生以下無料
お申し込みは以下のこくちーずよりお願いします。
http://kokucheese.com/event/index/268253/
主催:相馬クロニクル

*15.03.30 報告:3月28日の相馬クロニクル上映会にて「J-one」販売分21冊×200円=4200円、3月14日の新潟上映会41冊×200円=8200円を放送局メンバーの交通費補助として役立ててもらいました。

相馬高校放送局関連バックナンバー
3.11号 「今 伝えたいこと(仮)」仙台公演版シナリオ+アフタートーク
4号「今 伝えたいこと(仮)」石川公演レポート+「Girls Life in Soma」紹介
6号 「相馬高校から未来へ」JCJ賞・NHK杯W受賞報告
7号 活動報告〜同世代に思いを届ける上映を
8号 座談会「卒業ーー相馬高校放送局から未来へ」
9号 相馬高校放送局inパリ報告

Print

*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年3冊+送料で2000円(600円×3冊。メール便80円×3回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

2 / 7「日本と原発」上映+シンポジウム@フォーラム福島

J9-150202

名うての弁護士河合弘之が多くの関係者、有識者にインタビュー取材を行い、現地での情報収集や報道資料等を基に、原発事故に巻き込まれた人々の苦しみ、事故を引き起こした背景、改善されない規制基準、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュメンタリー映画である。数々の福島原発をめぐるドキュメンタリーが作られてきたが、決定版ともいえる本質を突いた深さ、そして明快さに溢れている。 (C)Kプロジェクト all rights reserved.

福島の未来を背負う子供たちのために、5年後のオリンピックに向けて、復興のシンボルとなる、国際人材の育成と、地域活性化に貢献を目指し立ち上げられた「ふくしま地域創生センター」企画・第1弾として、辣腕ビジネス弁護士として様々な企業に勝訴をもたらし、福島原発原告団団長を務める河合弘之弁護士が遂にドキュメンタリー映画の監督まで手がけた「日本と原発〜私たちは原発で幸せですか?〜」の上映とシンポジウムが、2月7日(土)にフォーラム福島にて開催されます。
映画は翌8日(日)〜13日(金)まで上映されます。10:00~/18:40~2回上映。

シンポジウム「~福島の未来のこども達のために~ 飯舘村の青年「佐藤健太」の叫び! 家族が分裂した私たちに、何が出来ますか?」
登壇予定者
*河合弘之(映画「日本と原発」監督、福島原発原告団団長)
*鈴木浩氏(福島大学名誉教授、P.h.D・都市計画学者・福島県各復興委員会委員長)
*佐藤彌右衛門氏(会津電力社長)
*後藤忍氏(漫画「美味しんぼ 第111巻」登場者、福島大学環境工学者・P.h.D)
*佐藤健太(避難区域被災者・飯舘村青年代表)
*福島高校1年生代表

尚、フォーラム福島3・4にて「J-one」バックナンバーが販売中です(佐藤健太さん8号7号掲載、後藤忍さん9号8号掲載)。まだ、お持ちでない方はぜひお買い求めください。

【日時】2015年2月7日(土)
上映 13:00~14:15
シンポジウム 15:30~17:00
交流会 17:00〜17:30
タウンミーティング 18:00〜20:00(近隣の別会場。食事会、2000円程度予定)
【会場名】フォーラム福島 (福島駅から徒歩15分、曾根田駅から徒歩2分)
(福島市曽根田町6-4 TEL 024-533-1717 )※無料駐車場あり。
【定員】各回150名(先着順)
◆前売券 1,100円、大学生以下500円/当日券 1,500円、大学生以下700円
◆前売りはフォーラム福島窓口、または主催者にてお求めください。
◆前売りで満席の場合は、当日お越し頂いてもご入場できない場合があります。予めご了承下さい。
◆避難者の方は、オオシマ自工株式会社の招待により無料となります。主催者までお問い合わせください。
●主催・問合せ先 :ふくしま地域創生センター 024-525-4053(代表 真野富美)
メール:ふくしま地域創生センター宛メール
fukushima.chiiki.soseiあっとまーくgmail.com

●協賛・後援:オオシマ自工株式会社
●後援:コープふくしま

Print

*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年3冊+送料で2000円(600円×3冊。メール便80円×3回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

3/7+8 相馬高校放送局震災後制作ほぼ全作品上映会@東京・笹塚

J7-140211

演劇作品『今 伝えたいこと(仮)』
ある放課後、教室に残っていた麻希、望美、桜。ふとした事から互いに語る事のなかった震災が話題に。そして、望美の自殺により、心の奥に封印されていた原発事故への不安が麻希の口から堰を切って溢れ出すー。2012年3月の初演が衝撃を与え、福島中央テレビ制作のドキュメンタリー「『今、伝えたいこと(仮)』福島・女子高生の叫び」が全国放映された。

中学校卒業式の当日、東日本大震災を経験し、高校に進学しても福島第一原発事故の影響に強い不安を抱いていた現役女子高生の心情をストレートに綴った演劇作品「今 伝えたいこと(仮)」の上演・上映やドキュメンタリー作品の制作・上映活動を通して、高校生で初めてのJCJ(日本ジャーナリスト会議)特別賞を受賞した相馬高校放送局。

震災から4年が経つ2015年3月に、彼女たちの原点となった東京・笹塚ファクトリーにて、震災後の2011年〜2014年に制作したほぼ全作品を2日間にかけて特集上映します。
7日は、赤坂憲雄さん(学習院大学教授) を司会に、8日は杉本信昭さん(「映画『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』監督) をトークゲストに迎え、制作にかかわった生徒や卒業生、同放送局顧問・渡部義弘教諭が登壇し、作品背景についてのトークを行います。

なお、今回は両日共に定員70名・先着順にてのチケット予約となります。お早めにご予約ください。
また、当日は会場受付にて「J-one」が販売する予定です。1冊につき100円が放送局メンバーの上映会活動交通費に役立てられます。

会場:笹塚ファクトリー(東京都渋谷区笹塚1-56-7 京王笹塚ビルB2)
入場料:一般1000円、大学生500円、高校生以下無料

1日目:2015年3月7日(土)15時〜18時(1日目予約先:こくちーず
司会:赤坂憲雄さん(学習院大学教授)

2011年制作
「緊急時避難準備不要区域より」(2015年再編集)7分
「our(un)ordinary」 2011年6月制作(テレビドキュメント)8分
「みなみ風吹く日」(若松丈太郎作 生徒朗読)2011年8月録音 4分
2012年制作
「Is this?」 2012年6月制作(ラジオドキュメント)7分
「Girl’s Life in Soma」 2012年6月制作(テレビドキュメント)8分
「(non)fiction」 2012年6月制作 (ラジオドラマ)8分
2013年制作
「今伝えたいこと(仮)」 2013年3月17日ファイナルバージョン(仮) 演劇の映像記録32分
※ 以上の震災後の活動が評価されて2013年7月JCJ特別賞を高校生として初受賞

「今伝えたいこと」 2013年6月制作(ラジオドキュメント)7分 全国大会入選
「ボロボロな…」 2013年6月制作(ラジオドラマ)8分
「相馬高校から未来へ」 2013年6月制作(テレビドキュメント)8分 NHK杯全国大会優勝

2日目:2015年3月8日(日)12時30分〜15時(2日目予約先:こくちーず
トークゲスト:杉本信昭さん(「映画『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』監督)

2014年制作
「あの日と今の私たち」 2014年3月制作(映像ドキュメント)11分 東北発未来塾にて制作
「これから。」 2014年3月制作(短編ドラマ)17分 東北発未来塾にて制作
「見えぬ壁」 2014年3月制作(映像ドキュメント)25分 東北発未来塾にて制作
「野馬追、その心」 2014年8月制作 10分
「Blind」 2014年5月制作(ラジオドキュメント)7分
「キレイになりたくて」 2014年5月制作(ラジオドラマ)8分
「ちゃんと伝える」 2014年5月制作(映像ドキュメント)8分
※大塚ショートフィルムフェスティバル(中高生部門)入選・高校生映像フェスタ大林宣彦特別賞

*15.03.30 報告:3月7+8日の笹塚上映会にて「J-one」販売分61冊×200円=12200円を放送局メンバーの交通費補助として役立ててもらいました。

相馬高校放送局関連バックナンバー
3.11号 「今 伝えたいこと(仮)」仙台公演版シナリオ+アフタートーク
4号「今 伝えたいこと(仮)」石川公演レポート+「Girls Life in Soma」紹介
6号 「相馬高校から未来へ」JCJ賞・NHK杯W受賞報告
7号 活動報告〜同世代に思いを届ける上映を
8号 座談会「卒業ーー相馬高校放送局から未来へ」
9号 相馬高校放送局inパリ報告

Print

*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年3冊+送料で2000円(600円×3冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

1/18 「津田大介さんと語る’子どもの未来〜福島支援から’」@世田谷・梅丘

J9-150109

チラシを見る。

震災後、福島の子どもたちを招き、東京の緑豊かなプレーパークでのびのび遊ばせる保養に取り組み、「J-one」4号でもレポートしている福島の子どもたちとともに・世田谷の会が、ジャーナリストの津田大介さんを招き、みんなで語り合う勉強会が開かれます。
ゲストとして、世田谷区長である保坂展人さんも登場します。
また、当日、ご希望の方には「J-one」バックナンバーも有償配布され、1冊につき100円が福島の子どもたちとともに・世田谷の会の支援活動に役立てて頂きます。

津田大介さんと語る“子どもの未来~福島支援から~”

311よりまもなく4年。
刻々と変化する福島の親子の状況、必要な支援の形。
そこから見えてくる、日本の子どもの現状と未来は?
福島の復興支援に自ら取り組む津田大介さんをお迎えし、リフレッシュや遊びの支援に取り組むパネラーと語っていただき、これから何が必要かを皆さんと確認したいと思っています。

トーク&ナビゲート
津田大介(ジャーナリスト/メディアアクティビスト)

パネラー
宍戸仙助(元福島県伊達市富野小学校長)
高橋真知子(「福島の子どもたちとともに」川崎市民の会代表)
上國料竜太(NPO移動保育プロジェクト)

ゲスト 保坂展人(世田谷区長)

◆日時:2015年1月18日 13:15~16:30(13:00開場)
◆場所 :梅ヶ丘パークホール(世田谷区松原6-4-1)
小田急線 梅ヶ丘駅から徒歩1分
◆資料代:500円
◆問い合わせ・申込み:http://kokucheese.com/event/index/246963/
◆定員:120名
※お子さま連れOK。託児はありませんがキッズスペースを設けています。

主催:福島の子どもたちとともに・世田谷の会

後援:世田谷区 世田谷区教育委員会
(社)世田谷区社会福祉協議会 (社)世田谷ボランティア協会

Print

*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年3冊+送料で2000円(600円×3冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。