タグ別アーカイブ: J-one:08

8号記事紹介:卒業座談会「相馬高校放送局から未来へ」

J8-140624

演劇作品『今 伝えたいこと(仮)』 ある放課後、教室に残っていた麻希、望美、桜。ふとした事から互いに語る事のなかった震災が話題に。そして、望美の自殺により、心の奥に封印されていた原発事故への不安が麻希の口から堰を切って溢れ出すー。2012年3月の初演が衝撃を与え、福島中央テレビ制作のドキュメンタリー「『今、伝えたいこと(仮)』福島・女子高生の叫び」が全国放映された。

卒業座談会「相馬高校放送局から未来へ」

中学卒業当日に震災を体験した女子高生が自分達で原発事故への不安をストレートにまとめた演劇作品「今 伝えたいこと(仮)」で全国的に注目された相馬高校放送局。県外公演は5回、県内公演は2回、作品上映会は北海道から沖縄まで50回以上に及び、昨年はドキュメント作品がNHK杯全国優勝、高校生として初めてJCJ(日本ジャーナリスト会議)より特別賞が贈られた。

ずっと伝えて行ってね、と言われて
ーー昨年(2013年)3月の『今 伝えたいこと(仮)』東京公演をもって「部活動引退」という事になっていましたが、実際は各自、いろいろ活動をしていたようですね?

音響担当:去年の夏からなんですけど、福島民報主催の「うつくしま復興大使」に選ばれて、南相馬市の代表として8月に北関東三県の県庁と県警本部などをまわったり、今年の1月には東京消防庁へこれまでの支援の感謝を伝えたりして、来週(3月18日)は南相馬市役所に行って今までの活動報告をして来ます。(自分が)避難していたせいもあって、ボランティアの方とか警察の方とか本当にいろんな方から支援をしてもらったという思いがあって、毎回毎回『今(仮)』上演後のアフタートークでは、「ありがとうございました」と伝えたかったんです。

(中略)

卒業前に震災を別の角度から見直す
脚本・演出担当:NHKの『東北発未来塾』という番組で、是枝裕和監督が講師になって「映像のチカラ」というコーナーで(作品を)作る事になり、震災から3年経った今の氣持ちを込めて、15分のドラマ『これから。』を制作しました。

(中略)

ーー「311映画祭」での反応はどうでしたか?

麻希役:それが…イマイチ解らなくて。大学生から出た質問が高校生に対する質問というより福島全体の問題についてがほとんどで…。「作品から被災者としてでなくて人間として何かを見い出せた氣がする」というコメントを頂いた時は、私自身が凄くそれを感じていたので、被災したんだという氣持ちの押し付け合いじゃ伝わらないんだと思いました。インタビューした私の友人は「被災した可哀想な子」ではなくて、大事な友人なので、ひとりの人間として見て欲しいという氣持ちがあるので、そう感じながら観てくれる人が少しでもいたらと思った反面、ああいう重いテーマの作品を観ても終わった後に「一緒に元氣にしてゆきましょう!」とか簡単に言われると…。

(中略)

自分の中で整理出来ない時間があった
ドキュメンタリー撮影・編集担当:私は東京での最終公演には行かれなかったので、その区切りというのが私の中にはないんですけど。4月に「麻希」と一緒に九州(水俣、長崎、熊本)へ上映会をしに行って、その時の事も入れて作った『相馬高校から未来へ』という作品の中心というか、物凄い大きな材料になる考え方との出会いが水俣と長崎だったのがひとつ。5月に神戸へ学校の行事を途中で抜けて行って担任の先生に怒られたんですけど、東大に合格したひとつ上の先輩が共通の友達という形で灘高校の文化祭に参加して来て、1年生の時に作ったラジオ・ドキュメント『緊急時避難準備不要区域より』を持って行きました。

(中略)

ドキュメンタリー撮影・編集担当:全国優勝とかJCJ賞は形とか響きは、とても凄い事だったんですけど。今は水俣、長崎の衝撃をワンクッション置いてみつめられるから、あの時はいろいろ情報が入り過ぎて大変だったんだろうな、と思うんですけど、その時は自分自身の問題もあって…。

麻希役:長崎に入った初日に「しんどいね」って話をしたんだよね。やっぱり被爆した人の話とか物を見たり、結構詰め込まれて自分の中で整理出来なくて、そういう状況で夜も大人に囲まれたりして、上映会でも自分達の事を考えて、長崎や水俣の事で考えなければならない事を突きつけられたり。それを上手く消化出来なくて、消化する時間もなかなか作ってもらえなくて。

(中略)

これからも自分の考えを発信
脚本・演出担当:私は山形で映像科に進みます。最終的には実写とかドラマとか映画とか。脚本を高校生活の中で書いていて、その中に思いを込めるというのが好きだし、その中に微力でも世の中を変えられる思想やそういう経験を共感出来るという脚本をまとめたので、それを活かして、まだ漠然としか考えていないんですけど、人間と人間の心理や関係上で出来る問題をテーマにした作品を作れたらいいのかななんて。

(座談会の記事全文は「J-one」8号8号をお読み下さい。なお、彼女たちが制作した映像作品は、引き続き「今 伝えたいこと(仮)」と共に全国で巡回上映されます。お近くの会場で上映される際には、ぜひご覧下さい)

相馬高校放送局関連バックナンバー
3.11号 「今 伝えたいこと(仮)」仙台公演版シナリオ+アフタートーク
4号 「今 伝えたいこと(仮)」石川公演レポート+「Girls Life in Soma」紹介
5号 「今 伝えたいこと(仮)」最終公演アフタートーク
6号 「相馬高校から未来へ」JCJ賞・NHK杯W受賞報告
7号 活動報告〜同世代に思いを届ける上映を

「J-one」チャンネルを作成しました。どうぞ、ご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UC38CW98y49XuZhUzzRfpTfw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年3冊+送料で2000円(600円×3冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one」図書館寄贈の篤志会員募集のお願い

J8-140516 東日本大震災発生より早三年経ちました。震災前に福島県と岩手県に住み、南アジアへよく通っていた者として、福島支援と3.11以降の生きる智慧を伝える意味合いで「J-one ジーワン 生命あるもの」という雑誌を個人で立ち上げました。この三年間、微力ながら続けて参りましたが、震災や福島第一原発事故に対する「風化」が心配されます。福島の声を伝える雑誌として、全国各地の図書館に取り扱って頂き、広く現地の状況や人々の思いをひとりでも多くの方に読んで頂きたく思いますが、昨今、図書館の予算的な事情によりなかなか購入して頂けません。
 そこで、皆さまから10冊お買い上げ頂き、ご推薦(または任意)の図書館へ寄贈する篤志会員を募集致したいと思います。1冊定価600円のところ、10冊のまとめ買いという事で5000円を頂き、内5冊(またはご希望の冊数)を図書館へ寄贈させて頂きます。残りの5冊は、お知り合いの方にお渡し頂き、ぜひ多くの方に福島の声を届けて頂ければ有り難く思います。ご賛同、お待ちしております。
                        J-one 発行人 すぎた和人

篤志会員ご賛同のお問い合わせ

2014年5月6日、東京都文京区・見樹院で行われた「相馬高校放送局上映会」にて、早速1名ご賛同頂きました。任意に下記7館の図書館を選んで、16日発送致しました。ご協力ありがとうございました。

寄贈先
新宿区立中央図書館
(東京都)
杉並区立宮前図書館(東京都)
世田谷区立梅丘図書館(東京都)
神奈川県立図書館(神奈川県)
川崎市立麻生図書館(神奈川県)
石川県立図書館(石川県)
伏見中央図書館(京都府)

「J-one」チャンネルを作成しました。どうぞ、ご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UC38CW98y49XuZhUzzRfpTfw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年3冊+送料で2000円(600円×3冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

J-one8号:記事紹介「震災を走る〜東日本大人災の地、3548km走破!」

J40-02-31
伝承が災害の記憶を伝える
3月6日、前夜のうちにアクアラインを使って東京湾を渡り、千葉・内房へ。アクアラインは9.6kmのトンネルと4.4kmの橋梁から成るが、震災時は安全確認後、翌日15時には全面開通している。日本の誇るべき建造物のひとつだが、通行中も巨大地震が起きやしないかとやはり心穏やかではない(建設費は1.5兆円。ちなみに福島第一原発事故での除染国費投入が1兆超、東電支援は9兆に拡大)。

椰子の木が連なる内房はあまりに南国的で、南端の南房総市ではすでに菜の花が咲き乱れている。外房・鴨川の道の駅へ立ち寄ると、すぐそばに「波切不動」が祀られていた。道の駅前の太夫崎漁港から100m程の高台中腹に位置する事から、過去の 地震でここまで津波が遡上したのだろう。

これより震災沿岸部を北上して行くと、津波到達ラインのすぐ境に無傷の神社を幾つも見る事となる。古来、神は小高いところに宿るとされていたし、歴史的に津波の記憶として祀られた例もあるだろうが、中には海辺にあってまわりの住宅が流される中、わずかな被災で残ったいわき市の久之浜稲荷神社(J-one6号掲載)のような奇跡の神社もある。
千葉東端、太平洋に突き出た犬吠埼には1677年に起きた延宝地震の津波高が表示されていた。聞けば、九十九里沿岸に住む70代の女性は父親から延宝地震と津波の話を繰り返し寝物語に聴かされた記憶が瞬時に蘇り、震災の時は犬を連れて慌てて逃げ難を逃れたという。方や福島県南相馬市では、過去の津波で平地から高台へ移り住んだ集落に「下に下がるな」との言い伝えがあったが、ここ数十年の間に利便性を求めて平地に移り住む人が増え、今回の震災で見事に家財道具一式津波に流されるも畳に押さえられた先祖代々の鎧甲だけが残った家もあった。これらが示すところ、現代日本人が軽んじる事なく自然や歴史からの教訓を活かしていれば、震災の被害も軽減されたように思えてならない。

「被災地」が人を隔てる
今回の記事タイトルが「被災地を走る」でなく、「震災を走る」なのは、震災が終わっていないだけでなく、「被災地」 という言葉が彼岸と同じように、そうでない人とそうである人を分け隔てるように想えるからだ。その言葉を使う時、無意識に見えない壁を塗り固めてはいないだろうか。ただ、今年1月に飯舘村から避難している人のお宅で、NHK「クローズアップ現代/あしたが見えない~深刻化する若年女性の貧困~」を観た時、行政支援からこぼれ落ち風俗産業に支えられるシングルマザーの現状は、都会もまた<被災地>なのだと思った。
(以下、特集記事の続きはJ-one8号をご覧下さい)

映像を交えた「震災を走る」東北取材報告会を企画してくださる方を募集しています。詳しくは、メールにてお尋ねください。ご連絡お待ちしています。

「J-one」チャンネルを作成しました。どうぞ、ご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UC38CW98y49XuZhUzzRfpTfw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年4冊+送料で2720円(7号より600円×4冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

5/11 報恩講・朗読劇「小僧と首 相馬移民奇譚」@金沢 徳法寺

J40-40-01

「J-one」8号(40頁600円)

毎回、「J-one」を応援してくださり、「J-one」8号掲載J-oneトーク「震災後の生き方を話そう」にご登場頂いている杉谷 淨住職の金沢 徳法寺にて、江戸後期・天明の大飢饉により人口激減に喘いだ相馬藩(現在の相馬市・南相馬市)へ北陸から大量に渡った移民についての朗読劇が5月11日(日)の報恩講で行われます。

当時、加賀藩にとっても人口流出に繋がる移民は御法度。厳罰を恐れる事なく、なぜ多くの移民が秘かに渡ったのか、また現在も移民の子孫が相馬周辺にて郷里の名残を代々伝えて暮らしている様子を、郷土史家でもある富山県南砺市 大福寺 太田浩史住職(「J-one」4号)が解説してくれます。
北陸と福島の繋がりに興味のある方は、ぜひご来場ください。
なお、当日は福島支援のため、中川学さんとロビン・ロイドさんの絵本、社会福祉法人「ひびき」によるお茶・ラーメン・素麺、「J-one」8号とバックナンバーなどが販売されます。

平成二十六年徳法寺報恩講
日時)2014年5月11日(日)
午前9時30分〜 正信偈のお勤め
午前10時30分〜 法話 太田浩史(南砺市大福寺住職)
正午 御斎 手打ちそば
午後1時〜 異ジャンルセッション民話LIVE
午後2時〜 朗読劇「小僧と首 相馬移民奇譚」
(休憩)
午後3時30分〜 アフタートーク 太田浩史×原力雄(朗読劇脚本)
会場:真宗大谷派杉谷山「德法寺」(石川県金沢市野町2丁目32-4)
http://www.tokuhou-ji.com
*駐車場に限りがあります。近隣のコイン・パーキングをご利用ください。

太田浩史(おおた ひろし)/1955年富山県生まれ。真宗大谷派大福寺住職。相馬の真宗移民について郷土史家として研究。南相馬と南砺市の交流を図り、震災以降は被災地支援に取り組む。

*2014.06.03 追記5月11日徳法寺報恩講から6月1日金沢別院「心の相談室 公開講座 音楽と語りで聴く『モモ』」で販売された「J-one」79冊分×200円=15,800円を石川県で行われる夏の保養合宿に役立て頂きます。お買い上げ頂いた方々、ありがとうございました。

「J-one」チャンネルを作成しました。どうぞ、ご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UC38CW98y49XuZhUzzRfpTfw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年4冊+送料で2720円(7号より600円×4冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

【書評】『ドイツ・低線量被曝から28年』(ふくもと まさお 著/言叢社刊)

J8-140411『ドイツ・低線量被曝から28年
チェルノブイリはおわっていない』
ふくもと まさお 著/言叢社・刊/1500円+税)

「倫理」で原発を止めたドイツからの報告。
ドイツは、1986年4月に起きたチェルノブイリ原発事故によりバイエルン州南部を中心に放射能汚染を受け、事故後28年経つ。しかし、セシウム137の半減期にはまだ達していない。

著者は、原発事故1年前の85年に東ドイツへ渡り、現在もベルリンに在住するフリーライター。福島第一原発事故を起こした日本は、チェルノブイリ原発事故のため高線量汚染地となったウクライナやベラルーシより、社会的要因が似ていて同じ低線量被曝の問題を抱えるドイツにこそ、学ぶところが大きいと説く。ドイツでの事例に福島の現状を交えた記述は実に読み易く説得力があり、巻末資料「ドイツ・バイエルン州における農水産物の放射能汚染の推移」も大変参考になる。

その他、風評被害対策に迅速に動いたドイツ農民連盟や有機農家の秘策、市民が放射能測定室を立ち上げた経緯などに加え、原発事故発生時、まだ社会主義体制にあり、情報隠蔽された東ドイツの記述も興味深い。大学教授や専門家が口を閉ざす中、ある日、品不足の市場に新鮮なレタスが大量に並ぶ。西側のテレビから情報を得ていた国民が事故の影響から輸出出来ず国内へ出回ったと見抜くと、国は幼稚園や学校の給食にレタスを使用。後にベルリンの壁が崩れ、放射能汚染についての測定データを把握した東ドイツ当局が給食のレタスを食べないよう子供に言いつけていた親を「危険分子」として秘密警察シュタージに監視させていたと発覚。まるで、どこかの国でも現実としてあり得そうな話だ。

事故後、ドイツでは増加した人工放射線量は1mSv/h未満とされるが、乳児死亡率、白血病、小児神経芽細胞腫などの先天性異常が増加し、出生児も女児が減って男児が増加する現象が起き、政府はこれを原発事故の影響とは認めてはいないながらも、2007年の疫学調査から、原発に近いほど5歳未満の子供に全がん、白血病が多いと発表。そして、ドイツは経済論理からでなく、「倫理」から脱原発と再生可能エネルギーの道へ大きく舵を切った。福島第一原発事故から4年目に入った今、日本の進むべき道が見える。
(J-one/すぎた和人)

著者プロフィール/ふくもと まさお
ドイツ・ベルリン在住。1985年、東ドイツへ渡り、邦人企業に勤める。東西ドイツ統一後、会社を共同経営、フンボルト大学非常勤講師を経て、フリーライターとなる。

「J-one」チャンネルを作成しました。どうぞ、ご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UC38CW98y49XuZhUzzRfpTfw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年4冊+送料で2720円(7号より600円×4冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

8号取材報告【震災を走る】4/6 @柿生・風知草

J8-1404034月2日、日本時間8時46分に発生したチリ地震(M8.2)による津波は、岩手県で避難勧告が出るほどでしたが、幸い大きな被害とならなかった模様です。
3月に3週間かけて、千葉の南端から下北半島の最北端まで津波エリアを見てまわりました。盛り土工事が進むところもあれば、依然津波に削られた住宅基礎が剥き出しになった中で仮設商店での営業が再開され、それが日常風景になっている地域もありました。今回の津波注意警報では、皆さん、心落ち着かない一夜を過ごされた事と思います。

「J-one」8号(4月下旬発行予定)では、「震災を走る」と題して東北太平洋沿岸3500km走破のレポートを掲載致します。
4月6日(日)には、東北を走り、見て感じた事を、撮りたての現地映像とスライド・ショーを交えて、隠れ家的雰囲氣のくつろぎCafe & Bar「風知草」(神奈川県川崎市・柿生)にて取材報告致します。こじんまりとした会ですが、ご都合よろしい方は、ぜひご参加ください。
参考映像(福島県富岡町)は、こちら。

当日は「J-one」バックナンバー、支援グッズ(福島バッジプロジェクトのバッジとステッカー)も販売します。
また、取材報告会の会場を提供してくださる協力者も募集しています。

「震災を走る〜僕らが忘れかけていること」J-one取材報告会
トーク・映像:すぎた和人(「J-one」発行人)
日時:2014年4月6日(日)15時開場/15時30分〜17時30分(終了後も20時くらいまでフリートーク・カフェタイムになります)
参加費:1000円(「J-one」最新号+茶菓子付き)+ドリンク・オーダー
会場:cafe & Bar 風知草(川崎市麻生区上麻生 5-44-33 中島AP 1F-奥 tel 044-989-5483/営業 17時〜23時。日・月定休)最寄り駅:小田急線・柿生駅南口徒歩1分、駅前ロータリー脇のドーナッツ店向かい)

追記 14.04.06
荒天の中、ご参加下さった方々、ありがとうございました。お陰様で、福島バッジプロジェクトも好評でした。
またの機会にも、よろしくお願い致します。
なお、今回報告した東北取材記事は次号J-one8号で特集掲載致します。
どうぞ、ご期待ください。

「J-one」チャンネルを作成しました。どうぞ、ご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UC38CW98y49XuZhUzzRfpTfw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年4冊+送料で2720円(7号より600円×4冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one」チャンネル【震災を走る】JR駅富岡町周辺の現状

「J-one」8号特集【震災を走る】取材のため、千葉南端から青森北端まで東日本大震災における津­波到達エリア3500kmを走破。震災より4年目に至る直前の3月10日、旧警戒区域・福島県富岡町の現状をアップしました。

富岡町に押し寄せた津波は、東京大学大学院佐藤眞司教授の調査では21.1mに達したといい、500m内陸にある富岡駅周辺まで原野と化して早3年。富岡港近くでは警察官が乗ったパトカーが被災し、2名が殉職。若い20代の警察官は、まだ遺体もみつかっていない。11日当日は警邏があるためか、パトカーが5〜6台連なって訪れ、前日に慰霊式を執り行ったようだ。
こうして見ると時が止まったままのようだが、沿岸の防波堤工事も始まり、町内の除染もあちこちで行われ、復旧へ一歩一歩進んでいる。しかし、真の「復興」は、かなり先になりそうだ(待機している観光バス、トラックは某ワイドショーのスタッフ車両。駅向こうの山を越えると福島第二原発がある)。

4月6日のJ-one 取材報告会「震災を走る〜僕らが忘れかけていること」@柿生・風知草では、もっと多くの取材映像を観て頂きます。

「J-one」チャンネルを作成しました。どうぞ、ご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UC38CW98y49XuZhUzzRfpTfw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*「J-one」次号発行の為に年間購読サポート会員募集中!
年4冊+送料で2720円(7号より600円×4冊。メール便80円×4回:ゆうちょ銀振込)

本誌定価600円の内、福島支援に役立てて頂けるよう1部100円の活動支援金を設定しています。「J-one」編集部までメールにてお問い合わせください。
また、本誌販売にご協力頂ける方、協賛公告のスポンサー(ひと口5000円〜)も募集しています。ご協力をお願い致します。

取扱いショップはこちら
オンライン決済+メール便速達をご希望の方、下記提携ショップをご利用ください。
ヤフー!ショッピング(Tポイント獲得・利用可)
楽天市場(スーパーポイント獲得・利用可)

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)詳細を見る。

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)詳細を見る。

J03-32-01

「J-one:ジーワン3.11号」(500円・32頁)詳細を見る。

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)詳細を見る。