タグ別アーカイブ: J-one11号

「J-one」11号記事紹介:「福島と生きる」宍戸仙助さん

J11-p05-p36

「J-one」11号「福島を生きる」掲載(A4/40頁/600円)

「J-one」11号掲載
「福島と生きる」

これからの「幸せ」とは、世界中でシェアし合うこと。

宍戸仙助(ししど・せんすけ)/元福島県伊達市立富野小学校・矢祭町立東舘小学校校長。認定NPO法人「アジア教育友好協会(AEFA)」参与。

「もったいない」を活用する
伊達市立富野小学校に赴任する直前に311が起きて、人事が4か月間凍結され、実際に着任したのは8月でした。校庭の放射線量を軽減するために自分たちで除染したり、移動教室を行ったりしましたが、そうした事をやれたのもその前に県南の矢祭町で合わせて6年4か月に渡って二度、教頭と校長として勤めた事も大きかったかと思います。と言うのも、初めて矢祭町に教頭として赴任した時は、ちょうど住基ネット接続や町村合併に反対して独自路線を歩んだ根本良一町長の三期目だったからです。
とは言え、福島市内の自宅から120km近く離れた赴任先に二度も辞令が出るのは希です。よほど矢祭に縁があるのかな、と友人の住職に話したところ、「縁とは神や仏が与えるものでなく、自分で引き寄せるものだよ」と言われて、そうか、だったらやれる事を存分にやってみたいと思った訳です。

(中略)

(矢祭町立東舘小学校で)3年間の取り組みのあと、異動の内示があった直後に、震災が起きました。矢祭町でも被害が酷く(最大震度5強)、体育館の壁だけでなく校舎の躯体そのものにもひび割れが入りました。3月23日の卒業式をやるべきかどうするか、それぞれの校長判断となりました。その時に「子供たちがどう思っているか? 子供たちがやりたいと言うのなら、ぜひ、やってあげたい」と。それで時間を短縮して実施することになったけれど、6年生が「僕たちが選んで練習してきた卒業式の歌を歌えなかった」。子どもたちから「避難所に行って歌い、避難している人たちを励ましたい」というアイディアが出され、近くの避難所に行って浪江・大熊・楢葉の人たちの前で歌ったんです。

−−宍戸さんは、東舘小学校在籍中、アジア教育友好協会(AEFA)との交流からラオス南部・サラワン県のナトゥール小学校を訪れた体験から定年後、AEFA参与となって日本とアジアの子どもたちとの橋渡しに尽力する事となる。

ラオスの学校に校歌を届ける。
(ナトゥール小学校との)取り組みの二年目にAEFAの理事長がうちに来た時、家内に「ご主人が退職したらAEFAに貸してください」と頼んだんですよ。「まあ、まだ、2年あるから、ゆっくり考えましょう」と返事をしたのが震災前の話です。そして、いざ定年を迎える10日前に家内が「これからどうするの?」と聞くから、「それがな、やっぱりAEFAに行きたいんだけど」と伝えたら、凄く怒られました。「あなた、今、福島の子供たちがどんなに苦しんでいるのか解ってるの? それなのに外国の子供たちを助けるって言うの?」と。 実は、ナトゥール小の子供たちの前でラオス語で校歌を歌った時に、子供たちの目が物凄く輝いて心にグサッと突き刺さったんですよ。それはもう「二十四の瞳」なんてものじゃない。二十代の時に教員を志した時の夢そのものでした。こんなに貧しくても、どうしてこんなに目が輝いて幸せそうにしていられるのか。この目の輝きを日本の子供たち、自分の学校の生徒たちに取り戻したいと思ったんです。

以下、記事全文は、「J-one」11号をご覧下さい。
「J-one」直販ショップ、3rd-eye stores.jpにてオンライン購入頂けます(1500円以上、送料無料)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
J-one ムービー・プロジェクト『小高の春』制作中。

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

*「J-one」バックナンバー好評発売中!
「J-one」直販オンラインショップ
KART

 

J10-150620

ネパール支援ムック「NEPAL」定価1000円(内500円がネパールの教育支援になります)

「J-one:ジーワン11号」(600円・40頁)

「J-one:ジーワン3.12号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン10号」(600円・40頁)

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)

11号記事紹介:小高を撮る+『小高の春』予告編

J11-p09-p32

「J-one 11号」(600円・40頁)

J-one ムービー・プロジェクト
旧警戒区域 南相馬市小高区
「小高を撮る」

J-one 10号「それでも原野に生きる」掲載の2014年11月に撮影した小高川に、今年もまた鮭が産卵のために戻って来た。鮭の回遊スパンは4〜5年と言われ、今年の鮭は11年の春ーーちょうど福島第一原発事故直後に孵化した鮭ないし、翌12年の鮭。南相馬市小高区は第一原発から20km圏内の警戒区域に指定された事から鮭の人工繁殖が行われず、この鮭たちは天然孵化しては大海原に臨み、4年かけて太平洋の荒波を乗り越えて帰って来た事になる。

今年は10月下旬には鮭の群れが川面のあちこちに見られ、トータルで13日間粘って鮭の放精場面まで撮影する事が出来た。南相馬市博物館の稲葉修学芸員の話では、「当地域のサケの産卵行動は、通年ですと10月から12月上旬ぐらいまで観察でき、多くの個体が入れ替わり産卵しています。しかし2015年の遡上と産卵は例年よりも早く、10月にはじまった産卵が、11月中にほぼ終了してしまいました。現在、小高川でのサケのふ化事業は行われておらず、震災・原発事故以降は自然産卵によるサケ自身の繁殖が行われています。これは、本来あるべき自然の姿です。たくましく、美しい、被災地に生きる野生の姿です」との事だった。

去年の撮影日をチェックすると11月末であったが、今年は11月の中旬に再訪した時にはわずかに残っている程度で、川縁や川底に生殖を終えて生命が燃え尽きた鮭の遺骸がそこかしこに見られ、明らかに産卵時期がずれているようだった。鮭の個体数が人工孵化による放流前より少なかったのかどうかは定かではないが、引き続き小高周辺の生物を記録して行こうと計画している。

と同時に、16年4月の「避難指示解除準備区域」指定解除による帰還を間近にして除染作業や解体・新築工事が進む小高区(人口1万3千人)の姿も日々刻々と変化している。8月末から届け出制による「準備宿泊」が開始され、9月28日は仮設店舗「東町エンガワ商店」も開店。コハクチョウの群れが旅立つ頃、小高の住民にとっても震災前から6年ぶりの待ち遠しい春が訪れる事だろう。(すぎた和人)。

『小高の春』クラウド・ファンディング(制作支援)のお願い
原発事故後、人口放流が途絶えた事によって自然孵化した天然サケの群れと、2016年4月の住民帰還に向かう旧警戒区域・南相馬市小高区を対比させ、福島の現状ーーあるいは原発再稼働に進む日本の状況を問う記録映画「小高の春」(2016年6月完成予定)を現在制作しています。撮影は住民帰還が始まる春まで続きますが、撮影機材の補充、移動費、そして小高川の水質検査( 「いわき放射能市民測定室 たらちね」にてトリチウムとセシウムの解析を依頼中)等の予算不足に悩まされています。特に小高川は過去に除染後の汚染水が放流された騒ぎがあり(業者は処理し基準値を下回っていたと報告)、出来ればより高度な測定でストロンチウムも解析してみたいと考えています。予告編YouTubeにアップ致します。よろしければ、製作費のご支援(ひと口5000円)を頂けると大変助かります。ご協力頂いた方には、エンディング・クレジットにてお名前掲載(希望者のみ)致します。また、ストロンチウムの有料測定は、市民測定室「たらちね」の支援にもなります。ご協力をお願い致します。
お問い合わせメールフォーム
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

*「J-one」バックナンバー好評発売中!
「J-one」直販オンラインショップ
KART

 

J10-150620

ネパール支援ムック「NEPAL」定価1000円(内500円がネパールの教育支援になります)

「J-one:ジーワン11号」(600円・40頁)

「J-one:ジーワン3.12号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン10号」(600円・40頁)

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)

「J-one」11号発行のお知らせ

J-one 11号

「J-one 11号」(600円・40頁)/編集部直販ネット・ショップ「3rd-eye.stores.jp」にてお求め頂けます。

KART

2016年を迎え、間もなく311ーー東日本大震災より5年となります。
年3回発行を目標に不定期発行を続けて来た「J-one」ですが、2015年はネパール大地震発生により特別編集の支援ムック「NEPAL」を発行した事もあって、2015年はなんと10号1冊のみ。前号発行直後から取材を重ねていたものの、遅れに遅れ、年末を跨いでの11号発行となりました。なかなかご期待に添えず、申し訳ありません。

さて、その「J-one」11号ですが、これまでのA4変形からA4判へ、読みやすさを求めて横組みから縦組みへと変更致しました。更に内容も改編して行く計画です。

11号巻頭は、様々な立場に置かれた福島県民の心情を詠んだ若松丈太郎さんの詩「逃げる 戻る」を掲載。巻頭特集「幻想の『福島』」では、FUKUSHIMA・フクシマ・ふくしま・福島と繁縟(はんじょく)に語られる福島の実像に迫ります。

そして第二特集は、福島第一原発事故に至った現代日本社会を読み解くべく、戦争犯罪を免責され戦後日本に継続した731問題について、長らく医療と戦争の関わりについて論じて来た莇昭三医師(全日本民主医療機関連合会名誉会長)のインタビューを交え、考察しています。続く「東ドイツ市民に学ぶ社会変革術」ふくもとまさおインタビューも、現在置かれた日本国民が模索する上で参考になる事でしょう。

相馬高校放送局の上映プロジェクト「相馬クロニクル」には、『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』杉本信昭監督と谷川俊太郎さんが、巻末の「福島と生きる」には伊達市富野小学校の元校長・宍戸仙助さんが登場。特別篇として2015年9月24日に亡くなられた福島菊次郎さん追悼取材も掲載。連載企画も併せてお楽しみください。
お求めは、「J-one」提携ショップ・パインズクラブヤフー!ショッピング楽天市場、「J-one」編集部直販ショップ3rd-eye.stores.jpにてどうぞ。
福島県内では、フォーラム福島カフェ風と木Nomadic Recordsにて取り扱い中。

また、「J-one」発行のスタジオ・サードアイでは、様々な印刷物の編集・制作・デザインを手がけております。何かご用命がありましたら、お氣軽にお問い合わせくださいませ。
それでは、2016年も皆様にとって、世界の人々にとって幸多い一年となりますよう、お祈り致します。

「J-one 生命あるもの」11号
A4判/オフセット・カラー印刷/40ページ/600円
INDEX
02 詩「逃げる 戻る」:若松丈太郎
03 幻想の「福島」:すぎた和人(J-one)
08 未来への医師(9)民医の肖像ー母親運動が日本の医療を変えた〜莇 昭三 医師インタビュー
14 日本の医療・社会に巣くった731体制:すぎた和人(J-one)
20 「東ドイツ市民に学ぶ社会変革術」 ふくもとまさお インタビュー
22 相馬クロニクル「谷川さん、少し福島の話を聞いてください」〜相馬高校放送局上映会レポート
24 ネパール大地震と3.11〜支援ムック「NEPAL」発行と福島・宮城チャリティ・ツアー報告
27 開き直りの哲学(4) 上田要(HANDS 世田谷)
28 富岡インサイドphotoレポート/エコクラブだて通信
29 ジーワン日誌:そらまめ+繭の会/福光の家訪問
30 いろいろ読んでわかったこと(11)
32 小高を撮る:すぎた和人(J-one)
33 「日本再考」F-file(6)消えた福島捕虜収容所
34 追悼 福島菊次郎「生涯、国家の嘘を炙り続けた男」
36 福島と生きる。:宍戸仙助さん(福島市→矢祭町→伊達市→東京→ラオス・ベトナム・タイ)
39 J-one Novel「テル侍」(9) やまのべ みみ
40 @フォーラム福島「無音の叫び声」

誤字訂正(2015年12月31日)
p7)2014年→2015年

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
J-one ムービー・プロジェクト

「J-one」トップ・ページへ
facebookのJ-oneページもよろしくどうぞ。 http://www.facebook.com/J.one4U

*「J-one」バックナンバー好評発売中!
「J-one」直販オンラインショップ
KART

 

J10-150620

ネパール支援ムック「NEPAL」定価1000円(内500円がネパールの教育支援になります)

「J-one:ジーワン11号」(600円・40頁)

「J-one:ジーワン3.12号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン10号」(600円・40頁)

若松

「J-one:ジーワン9号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン8号」(600円・40頁)

J40-40-01

「J-one:ジーワン7号」(600円・40頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン6号」(500円・32頁)

J03-32-01

「J-one:ジーワン4号」(500円・32頁)

「J-one:ジーワン2号」(500円・32頁)